民主党が「次期衆院選後」を前提に「消費税を含む税制の抜本改革」を明記する方針を、
13日のマニフェスト企画委員会で合意。

民主党はこれまで「無駄遣い削減が先」と主張し、
次期衆院選後の引き上げなら鳩山首相の「衆院任期の4年間は引き上げない」
と言う従来方針とも矛盾しないが、
鳩山首相退陣の可能性が出てきており方針転換となるのか?

第一生命経済研究所の試算では、
税率10%の場合は平均的世帯で年間16.5万円の負担増となるという。
消費税は税率1%の引き上げで約2兆5000億円の税収増が見込まれ、
1%引き上げで平均的な4人家族世帯で年間3万4000円の負担増となる。
現行5%の税率を10%とすれば16万5000円の負担増で、
年間の消費税支払総額は34万6000円となる。


去年の3月~7月を越える、
今年最大の稼ぎ時、それは今。

そんな相場に、乗るか?見送るか?
乗りたいならば、NJI
http://www.nji.jp/members.htm
 カテゴリ
 タグ