NJI

http://www.nji.jp/members.htm


2015
8/21
大株主・楽天から自社株31%買い入れ

5/1
遠隔診断を支援、中国で装置開発



NJIに来い!

これぞ新興市場!

って相場を見せてやる!

http://www.nji.jp/members.htm     

2013
4/17
CT画像データ、医師同士で共有、独自暗号化で送受信

3/1
¥168900高値
200株に分割 単元株制度採用



大成功のXマス銘柄をご紹介
Xマスプレゼント銘柄は
カーバイド、日本無線と合わせて3銘柄とも大成功!


本日ご紹介するのは
堅実派向けXマス銘柄とご紹介した
3762テクマトリックス



-------------------------------------
☆朝の三発!☆彡    2012/12/18 09:00 


3762テクマトリックス 堅実派向けXマス銘柄。
東証一部昇格、正式に近日出るらしい。
割安、好業績、好財務 好配当銘柄。
¥8万 ¥7.5万の二段カイ体勢を取りつつ、
買える下指値でまずは味見。

目標 一部昇格、¥10万突破


12/18日寄り付き  ¥84500

---------------------------------
新年2/05 東証一部昇格を発表
日程は、2/12

2/06高値     ¥147300

値幅       ¥62800
上昇率      42.6%

その後¥168900(3/01)高値!

絶好調のNJI有料会員ページのお申し込みはこちらから

1年会員 
¥63000/ 1年(消費税込み)

6ヶ月会員 
¥37800/ 6ヶ月(消費税込み)

共に期間内は有料メルマガも配信されるセット料金となっていますので、たいへんお得です。

http://www.nji.jp/members.htm 

11/01
2Q 営業利益 161.2%増4.66億円 4―9月連結、
2012/03予想 8.8億円

10/26
上方修正 営業利益 4.6億円←2.5億円 2011/09 2Q 連

9/15 
貸借取引 注意喚起取消

9/13
売り出し株到着

9/07
逆日歩 ¥150/3日
安定操作  9/06 - 9/07 ¥49950 

9/06
売出価格 4万9056円 追加売出 2408株 
申込9月6日~9月7日 受渡:9月13日

9/05
貸株利用注意喚起

8/29
株式売り出し発表 株数:1万6065株 
価格:9月5日~8日に決定 
売出人:日商エレク OA売出:2408株

http://www.nji.jp/members.htm

2012
11/29
年初来高値

11/16
急騰!株式新聞が推薦?

6/02
3325ケンコーコムとネットショップ向け
ドロップシップ受注管理で業務提携


4/19
¥79500高値

4/18
S高買い気配

4/17
S高比例配分

4/14
NTTデータとのOEM契約締結
----------
2/17
9:08¥84800高値

2/16
中小コールセンター、クラウドで構築容易に、と先日発表。
¥75000割れ否定から底入れ機運。


2/01
9:23¥71400安値から、
9:58¥74800高値と三日ぶり反発。

1/31
3Q 営業利益 25.2%増 2.53億円 4―12月連結、
2011/03予想 8.8億円 最終利益¥3.4億円 EPS¥5493

1/17
¥83600寄り付きから¥82700安値。

1/14
12/27¥103800から調整中。

引け後、日々公表指定解除

http://www.nji.jp/members.htm
-----------
12/29
安値¥84000からプラス転換、
三日ぶりの反発。
14:10¥97400 高値

12/28
日々公表銘柄指定を嫌気し調整。
安値¥80700

12/27
9:21 ¥103800の二部上場来高値

12/24
カイ先行で小高く始まり、
9:18¥100700と二部指定換え以来の高値更新。

12/22
3844コムチュア 4287ジャストプランニングなどと共に、
12/22発進。

エイジア 豆蔵に続く銘柄となるか?

http://www.nji.jp/members.htm


△3762 テクマトリックス2010/12/22 09:12
上ッ離れ。昨日の引け明らかに動意した。
一昨日までは見事な三角持合を形成していた。
スマートフォン関連、出遅れ。

¥74400戻り高値あって¥72700 +1100





http://twitter.com/NJINJINJI/status/17372054881828864

2010-12/06
複数の医療機関が症例データ共有システムを開発。
ネットワーク経由で情報システムやソフトを利用する
クラウドコンピューティング型で情報を管理し、
ネット経由で閲覧できる。
様々な症例データを診療に生かせるシステムとして
2011年度中に販売を始める。