NJI
http://www.nji.jp/members.htm


2016
1/4
ヘッドホンの音耳に合わせ調整、スマホアプリに活用



ZMP関連



2015
5/21
マレーシア撤退、国内生産回帰

4/16
16年3月期、営業益2割増の見通し

4/8
日本IBMと監視カメラの映像分析システム開発

2/2
車載用音響機器、イタリア社買収
15年3月期最終30億円の黒字の見通し

1/13
タイに車載カメラ工場

1/5
高画質映像で車の運転支援

11/25
来期までに実質無借金を実現へ 

11/4
4~9月期最終30億円の赤字

9/3
次世代カーナビ、独で出展

8/25
米社とカーナビの開発拡大

7/22
9月末までに新株予約権償却 

7/15
無線端末、米委託より安く山形に移管

4/28
前期最終66億円に、赤字幅縮小

3/5
人件費など固定費削減、来期65億円

2/3
米の無線機会社を買収
4~12月期最終赤字56億円

1/31
早期退職者400人募集

1/16
ビデオカメラ事業縮小

12/20
自動運転で資本提携

12/13
中国で車向け樹脂パネル、10億円で新工場

2014
2013
11/7
数百人規模で早期退職

7/18
ベンチャー企業と共同で自動車向けクラウド開発

5/7
光ピックアップの新工場をタイに建設

4/26
前期純利益82%減

3/15
大型施設向け監視システムを開発

12/3
16年3月期の配当性向25%に

11/29
中期計画、16年3月期連結純利益130億円目指す

10/30
プロジェクター技術の米社に出資

9/5
7733オリンパスの子会社買収でセンサー技術獲得

8/30
中南米など開拓加速

5/1
米フォックスから3D加工初受託

4/24
統合後初の配当実施へ、前期末3~5円

4/19
今期営業外、借入金の条件見直しで損益改善の見通し

 11/07
W底から底入れ

10/28
出来高急増、¥319 +30

10/20
10/05¥249に対するW底¥257

10/11
三日続伸

9/20
新中期経営計画の策定 http://dlvr.it/ljJ 

9/07
¥320-370レンジ

8/30
今期無線事業の売上高営業利益率10%回復へ

8/08
第1回新株予約権の行使価格=459円

8/02
2011年4~6月期の最終損益は15億円の黒字

7/15
新株予約権証券の発行登録 120億円
第7回無担保社債(120億円)
第8回無担保社債(80億円)の償還費用の手当て。
---------
発行済みの私募社債120億円に、
新株予約権を付与し
社債権者の合意を得て、償還を1~3年繰り延べる、
と報道され株価急落。
会社は報道を否定。 
-----------

2/02
10:58¥421高値

2/01
3Q 営業利益 黒字転換94.16億円 4―12月連 
2011/03予想 110億円

1/28
1/26新株到着後は調整が続いている。
10:28¥350安値。一時公募価格割れ。

1/27
1/21¥340安値あって1/26¥391高値。

1/18
海外での公募増資と自己株処分の募集価格 ¥355
追加発行分を含めた手取り概算額は138億円、
当初の想定(105億円)を上回った。
払込期日   1月25日

1/13
JVCKWに移行する前の高値、
2010-4/16 ¥640を控え、
1/11¥545から反転。

1/18-20日に公募価格決定。

1/12
売り気配から¥432寄り付き、
そこからさらに一段安、9:36¥398から、
終始S安売り気配。

1/11
9:24 ¥545と大幅に上場来高値更新も。
引けは¥472 +5 と伸び悩み陰線引け。
逆日歩は¥3

9:12 ¥502 昨年来高値更新。
JPモルガン目標¥490を突破。

メリル 格付けC-3-9 目標¥288

1/07
逆日歩 ¥3 (1/06)
10:41 S高まで進んだ。

信用 ウ569万:カ403万
証金 ウ518万:カ93万

売り方はいまだ買い戻しておらず、
公募絡みで好取り組み需給ゲームが続きそうだ。

1/06
¥106億の増資発表
海外機関投資家に最大3000万株の新株発行
1200万株 自己株売却。
発行株 約1億3900万株と、現在比較+28%

発行価格 1/18-20日

車載機器や新規事業などに使うカネ。
6752パナソニックの持ち株比率は20%未満に落ちる。 

JPモルガン証がOverweight ¥490目標

1/05
公募増資などで105億円調達報道
1/18~20 値決め

バークレイズ
目標株価を340円→360円へ引き上げ。

足元業績の上振れ基調で、
株価300円割れは、「継続疑義付与状態から収益安定化進展局面の投資妙味」と。