http://www.nji.jp/



新興市場カタナカ不動産株で儲けたければNJI
2011
12/2
8912エリアクエスト
上場時価総額の猶予期間入り解除 

11/01
エリアクエ急騰、一建設しっかり。

10/25
ジアース レーサムが人気。

10/24
ランド ケネディクス アルデプロが物色されている。

10/21
明豊エンターがS高、
アルデプロ コスモスイニシアが人気。
8910サンシティも暴騰。

10/17
8922ジアース 8918ランドなど、
カタカナ不動産の上げが目立つ。

10/14
アルデプロ プロパストが動意

10/13
9月の首都圏の新築マンション発売戸数
前年同月+16.7% 3713戸、2カ月連続で増加。
 
契約戸数は2884戸、月間契約率は、77.7% +2.8
10月の発売戸数は4500戸前後の見込み。


---------------------------


9/30
野村不動産、湾岸マンション11月下旬発売

9/29
レーサムが上場来安値

9/27
明豊エンターがADR
レーサム  サンシティ   エリアクエスト 明豊エンター 上場来安値 

9/26
サンシティ破綻
レーサム ジアース 
アルデプロが上場来安値

9/21
ジアース プロパスト セント総合 
スターマイカ、年初来安値を更新

9/20
東証REIT指数、年初来安値を更新

9/16
リベレステ 11月末現在の1株を2株に分割 

9/15
エイブルCH、
2010年11月~11年7月期の純利益74億円 
賃貸仲介伸び悩む

9/08
3237イントランスが高い。

8/15
8922ジアース
金銭・現物出資による第三者割当増資:88767株 発行価格:¥1870
割当先:本岡一也氏に26737株など計6先
ほか、第3回新株予約権発行

8/02
サンウッドが後場一段高
コスモスイニシア
MSCB等の月間行使状況 http://dlvr.it/dLnZz

7/29
ゴールドクレスト 東急リバブルが大幅高
ミサワも大幅高

7/28
新日本建物がマネーゲーム・MGホームが年初来高値

7/26
タカラレーベ、今期純利益29%減 マンション引き渡し遅れ

7/25
8914エリアリンクが動意


サラリーマンが、
不動産で設ける方法

http://nji.diary.to/archives/5247961.html


7/14
6月 マンション販売は不調
http://nji.diary.to/archives/5300490.html


7/07
ケネディクスが戻り高値更新
ランド タカラレーベン 原弘産 堅調

8897タカラレーベン 
JX日鉱日石エネルギーと首都圏初の
戸別太陽光発電マンションを報道陣に公開

7/06
ケネディクスが戻り高値更新、
サンフロン レーサムなどが大幅高だった。 
サムシング 日商開発が上げた。



7/05
プロパストがS高
ファンドクリエ 陽光都市 
3272エイブルなどが上げている。
サンフロンティア インテリックス 
アルデプロなども堅調。

7/04
4321ケネディクスは先週、週間値上がり率で目だった。
8925アルデプロ 2120ネクスト 3236プロパストなどが上げている。
グラウンド エリアクエストが急騰。


6/16
首都圏の新築マンション発売戸数
前年同月+3.6%3914戸 3カ月ぶりに増加。
http://syutokentowermansion.seesaa.net/article/210155035.html

6/15
アルデプロ ジアーズ リベレステ 
ケネディクスなどに動きがある。


6/07
フージャーズ 日神不動産など不動産が上昇、
陽光都市がS高、プロパスト 
レーサム堅調などカタカナ不動産の一角が高い。


5/19
セイクレスト 上場廃止
(現在 整理銘柄指定) 
http://dlvr.it/QLHdr


--------
3/01
ケネディクス レーサム ランド エイブルがしっかり、
アルデプロが下方修正&業績予想取り消しを受け一時S安。   
原弘産は急反落。

2/28
アルデプロが、チャート妙味から反発。
1/21¥735から調整続きだった。

ジアース ケネディクス いちご 
ADワークス 東栄住宅 サンシティ 
トーセイ スターマイカ などがしっかり。

8894原弘産が、2/02¥76高値相場に続き、
9:19¥97高値と活況。

2/24
インテリックスが後場プラス転換から一段高、
サンフロン ランド エイブルなど高い不動産銘柄もあるが、
この地合いの中、独歩高。


2/23
2010年のマンション販売が五年ぶりの前年比プラスを好感し、
ケネディクス アルデプロ ジアース 
サンフロン 
レーサム サンシティ フージャーズ スターマイカなど
マンションデヴェロッパーを中心にカタカナ不動産が高い。

2/22
3241ウィルがS高買い気配、プロパストがS高と独歩高、
エリアクエスト スターマイカ インテリックスがしっかり。

2/21
△8922ジアース 3241ウィルがS高、
ケネディクス アルデプロ ネクスト 日神不動産 明豊エンターなどがしっかり。

▼サンシティ コスモスイニなどが甘い。 


2/16
△ディアライフ ハウスフリーダム 
アパマンなどがしっかりも動意乏しい。
1月マンション販売が12ヶ月ぶりに前年実績割れ、
17年ぶりの低水準である事を嫌気している。
▼サンシティが大量のウリを浴びS安売り気配、
ジアース ADワークス サムティなどが甘い。
3238セント総合は下げ渋り小幅安となっている。

2/15
▼アルデプロ ウィル セント総合が安い。
8900セイクレストが、決算報告書提出遅延で
監理銘柄(確認中)指定落ちで大量売り気配からS安。
8922ジアースが昨年来安値近辺で軟調、
2120ネクストが売り気配から始まった。
レーサム プロパスト サンシティなども下げている。

△サムティ フージャーズ ケネディクス アサックスなどが高い。

2/14

8892エスコン、3241ウィルが一時S高、
3235トラストPが上げ、サンシティ 
サムティ インテリックスなどが上げている。
レオパレス21 ランドも高い。
3238セント総合が調整。
-------------
NJI
<a href="http://www.nji.jp/members.htm" target="_blank">画像</a>
1/20
プロパストが売買代金5位と監視銘柄、
民事再生企業としては異例の人気。

一建設がしっかり、アルデプロが後場一段高、

ジアーズ ADワ サンシティ 
スターマイカが堅調で、フージャースが大幅高。 

1/19
ロパストが全株一致からS高で目先筋の人気を集める。
エイブルが上昇継続、新日本建物がマニアック高している。

1/18
ファンドクリエ プロパスト スターマイカが上昇。

1/17
プロパスト THEグローバルの上げで、
全般に見直しカイ機運。

ADワークス レーサム エリアリンク 
サンシティ トーセイ エイブル
フージャーズ などがしっかり。

後場 エスコン アルデプロ エイブル
コスモスイニシア 陽光都市 PMOなどが動意。

1/13
前場8912エリアクエ 8914エリアリンクが大幅高、
8889アパマン 3237イントランス 
3248アールエイジなどにかすかな動意。


1/12
3244サムティが上方修正好感物色で、
10:16 ¥41850 S高となった。

日銀のREIT買い入れを受け
上場REIT各社が上げていたが、
その上げがやっと不動産株にも波及してきたようだ。

8815東急不動産 8830住友不動産
8895アーネストワン 8880飯田産業なども、
昨年来高値更新していた。


危ない不動産業者

不動産業界の話題