2015
4/1
アステラス製薬との新たな共同研究契約締結

NJI

7/3
細胞製剤開発中のバイオベンチャー「Clio」に出資

2014
3/6
「大関」に遺伝子組み換えカイコによるタンパク質生産技術の特許供与で契約締結

12/19
ワクチノーバと家畜感染症ワクチンなどの共同研究で契約締結

2014
2013
12/4
ネオシルク化粧品を設立しヒト・コラーゲン含有化粧品を販売

9/27
急騰!

9/18
エムコスメティックスの第三者割当増資を引き受け子会社化

7/23
9/30現在の1株を10株に分割、100株単位に変更

6/27
¥10150安値

5/14
スカイライト・バイオテックを株式取得、及び簡易株式交換により完全子会社化

4/9
「Mac-2(ガレクチン-3)結合タンパク質測定キット」を販売開始

3/07
S高!

2/28
またS高!
バイオ相場の新たな主役

2/27
産学の創薬、五年短縮へ

理化学研究所と先端医療振興財団、
iPS臨床研究の実施計画について厚生労働省に28日に申請


1/16
慢性関節リウマチの診断測定法の特許が米国で成立

10/30
「血管内皮リパーゼ測定キット」を販売開始

10/16
¥6200S高

10/01
¥4255安値

7/20
アルツハイマー病の診断薬を独IBL-I社と共同開発

6/12
ベルギーADxNS社とアルツハイマー病の診断応用で共同研究開発

3/6
毒性アミロイドβ特異的モノクローナル抗体を販売

2/21
関節リウマチ治療用生物学的製剤の有効性判定測定キットを販売

12/14
S高

12/2
「Prolyl 4-Hydroxylated Human α-Fibrinogen 測定キット」を製品化、
トランスジェニックが研究用試薬として発売

11/22
¥3040安値

11/01
2Q 営業損失 赤字縮小▲4,800万円 4―9月 非連結、
2012/03予想 1,000万円

10/04
急反落

10/03
反発 

9/30
四日ぶり反落

9/28
引け前、¥4115に暴騰。
大幅続伸、¥4000 +530

9/16
小動き反発

9/12
後場、カイコ絡みの材料が出て
12:50¥5580高値も、
¥4825安値。

9/07
続伸

9/06
S高 比例配分

9/05
細胞株セルブロックアレイ「CellularMate」発売

9/02
五日ぶり反落

8/29
9:52¥5230高値

8/05
9:35¥6550高値
逆行高

8/04
9:22¥5670S高

7/22
反落

7/21
10:27S高¥7100
六日ぶり反発

7/06
5日続落。

7/04
三日続落。大台¥7000割れ。


----------------

ネットイヤーと共に
五月~六月の大化け人気株となった。

6/30
¥9000が重い。


6/29
3日ぶり反発、急騰!

6/23
後場は終始S高

ビージーメディシンと
ガレクチン-3抗体の供給に関する契約を締結


6/22
¥7000回復、底入れ機運。

6/07
¥9750高値
2カ月で7倍

6/06
9:23¥9390S高
年初来高値

6/03
7日続伸→反落→反発
後場S高

6/02
8日ぶり反落
2カ月で7倍の反動

6/01
買い気配から七日続伸、
9:53¥8250高値


バイオ関連株

4570 免疫生物

2342 トランスジェニック

2369 メディビック

4571 ナノキャリア

4564 OTS

2179 イナリサーチ

7776 セルシード

2191テラ
http://nji.diary.to/archives/3944359.html

5/31
S高買い気配
三日連続S高。

5/30
S高買い気配

引け後、平成23年3月期 決算説明会資料発行

5/27
10:18S高¥5020
年初来高値更新

5/26
9:27S高¥4400

5/25
S高買い気配比例配分

5/24
5/23¥2360で底入れ、
¥3000S高買い気配

遺伝子組換えカイコを用いたヒトフィブリノゲンの生産に成功



5/11から三日続落、小反発後、再度調整中

5/11
9:48¥4600高値

5/09
9:20¥3770 S高
年初来高値

4/26
トランスジェニックと、新規膵臓がんマーカーに関し、
診断応用に向けた共同研究契約を締結

4/19
昨年10/22公表の中期経営計画を
1年前倒しで達成できる見通し
 
3/15¥750安値

癌関連ブログ

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。