【兜町・路地裏の吹き溜まり】好評 無料 配信中!

NJI




NJIは、儲かる銘柄専門。

http://www.nji.jp/members.htm   


今日も、ポチっとワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 新興市場へ


2016
11/8
中国のカメラ部品会社売却

11/2
リストラ完了宣言
4~9月純利益78%減

11/1
今期純利益59%減の600億円に

10/17
記録メディア工場集約、宮城で開発強化

10/14
ソニー系、スマホゲームに参入

9/26
映画で万達と提携、中国の商品を作品内でPR

9/7
アップル「iPhone」 ソニー子会社と来年からフェリカ対応

9/2
地震の影響で、熊本工場を一時停止
IoT軸の新サービス、課金モデル構築へ

9/1
400億円で印スポーツチャンネル買収

8/23
東電HDとIoT提携、家電一括管理

8/19
金融子会社出資比率上げ

8/8
来月にも社債1000億円発行

8/1
4~6月最終減益

7/29
リチウムイオン電池事業、村田製に売却 

7/28
4Kと8K対応の電子部品を製品化

7/4
平井社長、エレキ事業「今までにない新しい分野の商品を生み出す」

6/21
非接触ICチップに非接触型クレジット決済機能を追加

6/14
一部デジカメ、震災余波で品薄

6/6
中国でハイレゾ拡販

5/25
熊本地震で今期、減益要因1150億円、営業増益は確保

5/18
好奇心持つAI、米VBと開発

4/25
ソニー系、EC店舗向け少額融資参入、地銀と連携
熊本地震の影響で今期業績予想を延期 

4/22
16年3月期、減損596億円

4/15
パソコン3社統合交渉白紙

4/8
高精度で高精細の4Kテレビ投入

3/25
傘下のSCE、スマホゲーム参入

3/11
来月開業のホーム公開

3/9
ソニー系・ZMPの共同会社、ドローン量産を開始

3/4
試作品に外部の知恵

2/23
スマホ新機能、声だけで操作、スペインでモバイル機器見本市

2/1
15年4~12月期、最終黒字2361億円

1/27
イスラエルの半導体メーカー、250億円で買収

1/21
製造の実務機能一元化
ランプ型スピーカーなど発売

1/14
室外からTVなど照明を介し家電操作

タイでスマホカメラ部品




 NJIは、儲かる銘柄専門。

http://www.nji.jp/members.htm   
2015
12/28
3Dプリンターで新技術、人の骨格感触再現

11/20
学研HDと理系教育で連携

11/19
「4K」映像IP伝送可能に

10/30
4~9月期、5年ぶり最終黒字1159億円

10/22
ソニー系、映画巡るサイバー攻撃で情報流出、9億円支払いへ
EU、カルテル認定、ソニーなどに制裁金158億円

10/21
タイにスマホ工場

10/19
研究所、3D先端技術を公開

10/9
画像センサーのベルギー社を買収
米出版子会社の資本構成巡り協議、音楽戦略見直しも

9/24
ゲームで仮想現実、ゴーグル型端末投入
丸井グループ開業の渋谷モディで命名権を取得

9/17
オリンパスと4K内視鏡開発

9/16
SCE、「PS4」5000円値下げ

9/7
復配

9/4
7年ぶりに中途採用を再開

8/31
算数学習アプリ、米教育SNSと提携
スマート時計開発

8/10
LEDで天然芝育成、共同で照明システム

7/31
4~6月期、純利益最高

7/28
データ保管参入、20年度売上高1000億円狙う

7/21
マレーシアに調達機能、液晶パネルで移管

7/14
公募増資、発行価格は3420円

7/7
新規事業育成、電子ペーパー時計販売

7/3
4K高感度監視カメラを発売

7/1
事業創出で新手法 消費者が商品化判断

6/18
傘下のソニー・コンピュータエンタテインメント、「PS4」ブラジル生産、南米攻略を本格化
細胞解析を倍速で、8月に新装置発売

6/12
デジカメ、高画質の超スロー映像、1秒960コマ再現

6/5
S&Pが長期格付け見通し「安定的」に変更

5/29
テレビ事業を4Kに集中

5/28
2年で900億円コスト減

5/22
ハイレゾ技術を提供、市場拡大を優先

5/14
4Kテレビを刷新

5/12
国内販売子会社、カメラ周辺機器5~20%値上げ

5/7
ネットで算数教育、米中企業と世界で展開

5/1
16年3月期、3年ぶり黒字、純利益1400億円

4/27
16年3月期営業益3000億円の見通し

4/23
赤字幅縮小、15年3月期最終1260億円

4/13
スマホ部品、新興国に的、廉価版の画像センサー、中韓への供給

4/8
追加投資450億円

4/6
新人事賃金制度が始動、管理職比率、2割に半減

4/3
16年3月期の構造改革効果600億円

4/2
保有のオリンパス株を半分売却

3/23
プレステ、米でテレビ配信、クラウド活用
2カ月遅れでPS4を中国で販売開始

3/18
240億円で米社を完全子会社化、インディーズ音楽配信

3/17
ZMPと、自動運転車用カメラ開発、感度10倍

3/13
新卒採用8割増、来春300人

3/10
スウェーデンで1000人削減

3/5
プレステ4、世界販売2000万台最速突破

2/26
テレビ事業は継続

2/19
エレクトロニクス事業の全事業を分社化へ

2/18
メガネ型機器向け開発キット

2/16
自動運転技術、ベンチャーと開発へ ZMp

2/13
イヤホン型のウエアラブル機器投入

2/5
ストップ高
15年3月期、一転営業黒字に

2/4
オンラインゲーム子会社を米社に売却

2/3
「フェリカ」を東南ア展開、インドネシアの鉄道で
スマホ向け集中投資、画像センサー増産に1050億円

1/28
海外中心に1000人追加削減

1/16
新「ウォークマン」12万円

1/9
ハイレゾ対応製品、米で倍増

1/7
最新機「PS4」好調、ゲーム機世界首位

12/18
ソニー・ピクチャーズ、テロ予告で上映一部中止 

12/16
S&Pの長期会社格付け見直しが解除

12/8
ソニー系の映画会社にサイバー攻撃、未公開作流出で損害懸念

11/25
サッカーW杯の主要スポンサーを更新せず

11/18
AVとITで講義支援、早大にシステム

11/14
米でTV番組ストリーミング

11/4
4~9月期営業157億円赤字

10/24
「4K」TVシェア5割回復目指す

10/22
来月25日に投資家向けエレキ説明会

10/7
米携帯最大手ベライゾンにスマホ供給

9/26
エレキ事業、ウォークマンも改革

9/24
4ブランド対応、テニスラケット用センサー

9/18
今期最終2300億円の赤字、初の無配

9/12
バイアコムとクラウドテレビ向け映像配信で提携

9/4
監視カメラで、暗闇カラー撮影
スマホ最新機種発表、PS4遠隔操作

9/2
PS4向け新作ソフトを発表

8/28
無人飛行機「ドローン」開発へ

8/21
フルHDのテレビに4K技術

8/15
車のIT化、電機成長の柱に、「車の目」参入

8/14
「PS4」発売9カ月で1000万台突破 

8/8
「曲面4K」中国で先行販売

8/6
有機ELパネル新会社、タブレット用を18年にも量産

8/5
燃えにくい再生プラ外販 

8/1
革新機構とソニーなど3社、有機EL開発で新会社
14年4~6月期、営業利益97%増

7/29
本社土地、ソニー生命に売却

7/25
10年ぶり賃金制度改革

7/24
画像センサー増産、長崎・熊本で350億円投資

7/23
リチウムイオン電池設計・開発を福島・郡山に集約

7/18
シーテックジャパンへの出展見送り
ウエアラブルで決済、フェリカ搭載拡大

7/17
ソニー銀行、アマゾンの共有型クラウドを今夏から導入

7/8
来月から間接部門で早期退職募集 

7/4
大学に「電子ノート」、教材・テスト無線配信

6/13
国内企業向け戦略、大学や医療など5分野に重点

6/9
家庭用ゲーム機の前期世界販売、8年ぶり首位に

6/4
W杯ダイジェストを世界の販売店で「4K」放映
カナダ電力と蓄電開発で合弁
「PSP」国内出荷を月内で終了

5/27
CEO、ゲーム・音楽などの配信事業を成長のけん引役に

5/26
PSで中国参入、現地で合弁、製造・販売

5/23
娯楽・金融で再建

5/19
デジカメの新製品、高級機にシフト

5/15
15年3月期も赤字500億円 

5/14
取締役候補に前駐日米大使のルース氏など

5/13
有機ELテレビの開発を凍結、4Kに資源集中

5/9
リストバンド型機器、睡眠などスマホに記録
海外の電子書籍完全撤退、楽天系が継承

5/2
14年3月期最終赤字1300億円

4/24
不動産参入、新規事業創出へ専門組織、IT駆使、個人向け仲介

4/22
ゆりかもめに監視カメラ

4/17
カナダ電力会社と大規模蓄電システム開発の合弁設立
子会社保有のスクエニHD株全て売却

4/16
TV再建へ、4K販売台数4倍に

4/8
デジタル一眼で世界最高感度を実現

3/31
本社再編13部に

3/20
部品メーカー、4分の1の250社に選別

3/19
コンセプト商品公開、壁・机などに4K映像

3/11
パナソニックと次世代光ディスク、来年夏以降に業務用を販売

3/10
旧本社ビル売却発表、住友不に161億円で

3/6
可動式サッカー練習設備、NGOに寄付、W杯にらむ

3/5
PS4販売が600万台を突破
4Kの監視カメラ、人物映像鮮明に

2/27
米で1000人削減、直営20店舗も閉鎖

2/24
「プレステ4」国内販売開始

2/21
全スマホで「フェリカ」、小型カードで電子マネー機能

2/19
株主上位10社、米ファンドのサード・ポイント外れる
「PS4」530万台 欧米先行販売、目標上回る

2/18
配信楽曲2倍、ワーナーから調達

2/12
アップルにカメラ部品を大量供給へ、新型iPhone向け

2/7
テレビ分社、5000人削減

2/5
投資ファンドにパソコン事業売却へ

1/30
CDS、保証料率が7カ月ぶり高水準

1/29
ルネサス鶴岡工場を買収で合意

1/28
ムーディーズが「Baa3」から「Ba1」に1段階格下げ 

1/27
米国で特許出願代行、インド大手と新会社、日本企業向けに費用安く

1/24
M3とヒトゲノム解析参入、来月に合弁

1/23
ミラーレス一眼の主力機種刷新

1/21
装着型端末でスポーツ分野開拓

1/9
スマホ販売を2年で倍増、米中に新型端末

1/6
家電で追加人員削減、国内5工場で早期退職を募集

12/30
ベンチャー発掘、新基金、日産自などと300億円
電池部門の売却を見送り

12/25
6752パナソニックと有機ELテレビでの提携解消

12/24
岐阜の工場跡、千趣会に売却へ

12/18
6723ルネサス工場の買収計画案、300億円投資検討

12/17
デジカメ、ミラーレス一眼に集中

12/5
9412スカパーJ株、150億円売却へ、保有資産見直し

12/4
閉鎖予定の6723ルネサス鶴岡工場買収で交渉
配線基板工場をジェイデバイスに売却

11/22
パソコン発売を相次ぎ延期
iPS解析装置、創薬に画像技術活用

11/20
映画事業のコスト削減へ

11/18
管理職の15%女性に 20年度目標

11/13
CATVに端末供給

11/12
米サード・ポイントが第5位株主に

2014
2013
11/6
PS4に課金型ゲーム

11/5
ムーディーズが引き下げ検討

10/31
13年9月末に中間配当12.5円実施

10/18
スマホ連動、腕時計端末に新型

10/17
6752パナソニックとの有機ELテレビ開発協議が越年の見通し

9/25
電子書籍配信サービスを全面刷新

9/24
米ファンドがソニー株を自社名義に

9/20
子会社、今期に「プレステ4」を世界で500万台販売

9/17
主力スマホ、auにも販売戦略を転換

9/5
スマホ新型モデルを欧州で発表

8/30
低価格監視カメラ発売

8/28
ヒトゲノム解析に参入

8/22
4K映像制作、英に支援拠点

8/21
「PS4」北米で11月15日発売

8/20
ビッグデータ分析参入

8/19
米で他社番組配信、ディズニーなどと交渉

8/7
米ファンドのエンタメ分離案拒否

8/1
米ファンドの事業分離上場案拒否へ

7/30
再編提案の米ファンド、映画の経営陣は力不足と批判

7/28
スマホ用カメラ外販

7/24
頭部へ装着型の3D内視鏡用モニターを8月発売

7/12
人工知能で省エネ支援、アイボの技術応用

6/28
高級小型デジカメ4機種に倍増

6/17
平井社長、エレキと映画・音楽を一体で、米ファンド分離案には消極姿勢

6/14
サッカーコンフェデ杯を4Kで撮影、テレビ再生へ技術検証

6/13
無料ゲーム自社開発

6/12
PS4、399ドルに
クラウドゲームに参入、PS4で安く手軽に

6/5
電子書籍、アップル製品にも対応 配信オープン化しサイト集客を優先

5/31
エンターテインメント部門の一部売却提案巡りモルガンスタンレー、シティグループと協議

5/30
役員に初の日本人女性

5/23
スマホ・タブレット攻勢、15年3月期1.5兆円へ倍増目標 

5/22
¥2413高値
米ファンドの事業分割提案、取締役会で審議

5/20
ストリンガー氏後任 議長に4519中外薬の永山治氏

5/15
米ファンドが映画・音楽など事業分離提案、米国で上場求める

5/14
A4サイズの電子ペーパー、初の実用化

5/10
2014年3月期の連結純利益16%増に

5/9
前期期末配当は12.5円
社外取締役に日本マクドナルドホールディングス社長の原田氏ら起用

5/7
電子書籍15カ国で配信

5/2
社長、年俸半減、全役員の賞与返上

4/25
次世代TVで21社連合、20年放送へ技術確立

4/17
7733オリンパスと外科手術用内視鏡開発の共同出資会社設立

4/12
前期のテレビ事業の赤字幅が半分に

3/27
中鉢副会長が退任へ

3/21
医療機器官民で輸出、18社参加し新組織

3/11
ストリンガー氏が経営から引退へ

3/5
新興国向け低価格スマホ、来年発売目指す
2432ディーエヌエ株をすべて売却

3/1
東京・大崎のビル売却、今期利益410億円を計上

2/21
エムスリー株一部売却、利益1150億円押し上げ

2/19
PSヴィータ、最大で1万円値下げ

2/8
2012年10~12月期は営業黒字確保

2/7
プレステ4を年内発売

2/1
MD対応ステレオの出荷を来月終了

1/29
米小売店に400人派遣、接客テコ入れ

1/25
7201日産自、6701NECと革新機構仲介でリチウムイオン電池統合交渉 

1/23
出資の配信会社、邦楽でも定額配信

1/15
2413エムスリーと2432ディーエヌエの株主に

1/7
傘下2社の修理業務統合

2012
12/25
電子書籍、欧州で拡大、端末販売増を狙う
電池売却、革新機構と交渉

12/10
ゴールドマンがCBを再加工し販売

12/6
年末商戦は採算重視戦略

12/5
15年3月期、自己資本比率40%目標
ソネットを1月1日に完全子会社化、上場廃止は12月26日

11/29
リチウムイオンなど電池事業の売却検討

11/26
フィッチが投機的水準(BBマイナス)に格下げ

11/15
¥772で底入れ
業務用の高精細カメラ販売、最上位機の半額以下に
オリンパス出資などで、9年ぶりCB1500億円発行

11/12
ムーディーズが「Baa3」に格下げ

11/2
13年3月期利益予想は据え置き

11/1
12年4~9月期の配当は前年同期と同じ12.5円

10/22
岐阜の工場閉鎖
今期は国内で早期退職2000人

10/15
ムーディーズが1段階格下げ

10/9
防滴性能に不具合の可能性で新型タブレットの販売停止

9/28
オリンパスと内視鏡の新会社、医療機器参入
高精細の84型TV

9/26
S&PがトリプルBに格下げ
CDSの保証料率が上昇

9/20
PSPを3000円値下げ

9/5
26年度のモバイル事業売上高6割増を計画

9/4
電子本リーダー新機種を9980円に値下げ

9/3
テレビ黒字化に自信、グループ改革に意欲

8/27
パソコン用光ディスクドライブから撤退へ

8/24
スマホ立て直し、携帯子会社1000人削減

8/21
スマホ需要見込み画像センサーを小型化し10月に出荷開始

8/10
ソネットを完全子会社に

8/7
ムーディーズが格下げ方向に

7/30
カーナビから撤退

7/19
子会社のSCE、新型録画機器「ナスネ」HDD破損で発売延期 

7/4
月額1480円で定額音楽配信サービスを国内でも開始 

7/3
子会社が米ゲーム配信会社買収

7/2
アップルに楽曲配信、販売増へ戦略転換

6/29
化学事業を政投銀に580億円で譲渡へ 

6/25
スマホ向け画像センサー、800億円投資で3割増強

6/22
パナソニックと有機ELパネル提携合意、台湾で共同生産を検討

6/15
インドTV局株追加取得で出資比率9割に

6/14
子会社がスマホ向けゲーム配信でアイテム課金を検討

5/28
ブラジルに200億円投資、3年で売上高2倍

5/25
シャープとの液晶パネル事業の共同出資を解消

5/22
工場を多重活用、投資抑え需給に即応

5/15
パナソニックと有機ELテレビ事業で提携交渉、量産技術開発

5/11
前期最終赤字4566億円と過去最大

5/10
前期期末配当12.5円に

4/19
中国大手の海信集団と提携交渉 

4/17
台湾大手と提携し、有機ELテレビ量産化
テレビ不振で、来春新卒採用35%減

4/13
TV以外に集中投資、15年3月期売上高8兆5000億円目標

4/11
米預託証券(ADR)、業績下方修正で、大幅反落9%安、円換算値は東証比7%安2012年3月期連結最終、過去最大の赤字5200億円

4/10
1万人削減 事業・資産売却も加速

4/6
高精細4Kテレビに参入へ

--------------------------------

3/30
知財紛争リスク軽減を狙い、特許出願を中国で拡大

3/28
テレビ事業をCEO直轄、新体制発表

3/26
液晶TVネット機能強化

3/22
化学事業、政投銀に300~400億円で売却へ

3/21
テレビ事業スリム化加速、機種4割削減へ

2/10
平井次期社長 医療など新分野開拓、TV事業再建は「大胆に決断」

2/08
S&P 「トリプルBプラス」に1段階格下げ

11/22¥1253 1/18¥1267でW底。

2/03
2012年3月期は最終赤字2200億円、不採算事業からは撤退

2/02
4月1日付で平井一夫副社長がCEOに

1/23
リチウムイオン電池組み立て海外に移転

1/20
デジタル家電の国内シェア、小型デジカメ部門で首位に
タイ洪水で望遠レンズ不足となりデジカメ一部発売中止

1/11
米家電見本市でスマートTV発表