NJI


2016
11/10
玄海原発、安全審査の合格内定

11/7
原子力規制委、玄海原発3、4号基の安全審査に合格9日にも内定へ 

9/27
きょうから川内原発の特別点検開始

9/14

玄海原発3、4号機が安全審査合格へ


9/12
「川内停止」取り下げへ、鹿児島知事、追加策評価

9/7
鹿児島県知事、九州電社長にきょう川内原発の安全対策再要請 

9/6
原発即時停止に応じず

9/1
川内原発の特別点検へ、即時停止応じぬ方針

8/29
鹿児島県知事「川内原発、即停止を」正式要請

7/25
鹿児島県新知事、8月にも川内原発の停止要請

6/8
熊本地震が影響、今期特損100億円

4/5
原発の危機管理や安全対策で電力4社が提携

2/22
社長、川内原発巡り免震棟「再検討」 



NJIは、儲かる銘柄専門。

http://www.nji.jp/members.htm   

2015
11/2
4~9月期の経常損益は655億円の黒字

10/16
川内再稼働で、16年3月期、5期ぶり最終黒字に転換へ

10/5
原子力発電所2号機を14日にも再稼働

9/28
川内原発2号基稼働、来月15日前後に

9/14
川内原発2号機の燃料充填完了

9/11
川内1号機、営業運転、電気値下げは不透明

9/10
川内原発きょう営業運転へ

9/7
4~9月期最終損益が5年ぶり黒字

8/31
9月10日に川内原発を営業運転

8/26
川内1号機、出力上昇あす再開

8/7
川内原発の再稼働、11日で調整

7/27
8月10日にも川内原発再稼働

7/21
地熱発電の技術者育成、インフラ輸出促進

7/10
川内原発で核燃料搬入を完了、8月中旬の再稼働目指す

7/6
7日に核燃料搬入、川内原発1号機は事前検査終了

6/26
川内原発2号機、再稼働10月中旬に遅れ

6/19
川内原発、再稼働準備へ、来月初旬に核燃料搬入

6/2
川内原発再稼働、8月中旬に遅れ

5/26
川内2号機の再稼働、9月下旬目指す、検査計画提出

5/20
三菱商と地熱発電

4/27
川内原発の夏の営業運転不可能 規制委、検査中断も

3/20
川内原発の7月再稼働目指す

3/19
川内原発、工事計画認可

3/10
15年3月期最終赤字1150億円

1/29
今期経常益は4期連続赤字

1/13
川内原発1、2号機、年度内再稼働は困難

10/28
川内原発、地元市議会きょう同意

10/27
川内原発の再稼働に向け全書類提出

10/23
経産相、来月鹿児島入り、川内原発再稼働へ協力要請

10/21
川内原発再稼働、薩摩川内市 同意へ

10/9
川内1号機再稼働への書類提出完了

9/30
20年めどに首都圏で小売り、出光興産や東ガスと石炭火力 

9/25
再生エネの買い取りをきょうから保留

9/22
送電網接続保留へ

9/9
川内原発、あす審査合格へ

9/4
川内原発合格、10日にも決定

8/29
14年4~9月期最終赤字400億円の見通し

8/6
工事計画の提出遅れで、川内原発、再稼働は冬以降に 

8/1
14年4~6月期は最終赤字 

7/15
川内原発審査合格へ、再稼働へ新基準満たす

7/9
川内原発、安全対策が月内に

7/8
川内原発への「審査書案」提示は先送り

7/7
川内原発、審査合格へ、今秋再稼働へ前進

7/3
原子力規制委、川内原発の合格証9日にも、再稼働は10月か

6/24
川内電発の再稼働申請をきょう再提出

6/19
川内原発の審査巡り、申請書を来週にも再提出

6/11
集合住宅へ割安供給 新電力の攻勢に対抗

5/16
川内原発8月稼働困難、申請書再提出に遅れ

4/25
政策投資銀から支援検討、優先株1千億円

4/21
安全対策費積み増し、川内原発など1000億円

4/7
今夏、供給に限界、東日本から電力融通へ

4/4
規制委員会、川内原発調査で新たな課題ない、夏の再稼働へ前進

4/2
政投銀と資本支援交渉、優先株で1000億円規模

3/17
再稼働織り込み、今年4~9月に3000億円を調達 

2014
3/13
川内原発、優先審査きょう判断

10/21
14年3月期に1500億円強借り入れ

7/26
原子力規制委、玄海原発も先行審査

7/16
玄海原発再稼働を申請

4/4
インドネシアで地熱発電

3/28
値上げ圧縮、東電より厳格査定

3/27
値上げ6%前半に圧縮へ

3/19
消費者委、値上げ審査でコスト削減求める

3/14
消費者委、値上げ申請調査会で「さらにコスト減可能」の意見相次ぐ

3/7
経産省が家庭向け値上げ圧縮を

2/28
経費10%減要請、値上げ査定方針

2/7
値上げ圧縮へ

11/28
13年3月期は61年ぶり無配

11/26
来夏以降に原発4基の再稼働を想定

11/22
人件費1割削減へ

11/21
来週値上げ申請、家庭向け1割程度

10/31
電気料金の引き上げを表明

9/10
4~9月最終赤字1650億円、期末配当も未定

8/9
大手銀などに、3000億円の融資要請

7/30
年初来安値

3/26
投資抑制やコスト削減で、13年3月期1000億円超捻出

3/7
トラブルで火力1基停止

2/22
火力の増設を検討