NJI




2014
3/07
大日本住友 ヘリオスとiPS活用の新会社「サイレジェン」 

■ニコンなどが移植用iPSを量産


 

ヘリオス(日網研)がiPS治療法を拡大!IPOも?
http://nji.diary.to/search?q=%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%82%B9




初の臨床 8/01始動、理化学研究所

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)などは、
人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、
目の難病「加齢黄斑変性」の患者を治療する世界初の臨床研究について、
参加を希望する患者の募集を8月1日に始めると発表した。
募集する患者は6人で、50歳以上、既存の治療が効かないことなどが条件になる。

早ければ来年夏にもiPS細胞から網膜の細胞シートを作って移植手術が行われる見通で、
iPS細胞を用いた臨床応用は世界初となる。