25日からウェブサイトがアクセス不能となっている仮想通貨ビットコイン取引所。
マウント・ゴックスは同日、「当面、全ての取引を停止することを決定した」
とする文書をウェブサイト上に掲載した。

東京に本拠を置くマウント・ゴックスは「異常な活動」が見られることを理由に
今月に入りビットコインの引き出しの無期限停止を発表していた。
25日にはウェブサイトが停止され、事実上消滅した状態となり、
創設者の所在不明、東京の事務所はもぬけの殻となっている。

ネット上では、マウント・ゴックスで74万4000万以上のビットコインが窃盗被害にあい、
同社が経営危機となっているとする文書も出回っており、
複数の欧米メディアがこれを報道している。
 カテゴリ