NJI




外食大手の「すかいらーく」は、業績の改善が進んだとして25日、
東京証券取引所に株式を上場する申請をした。

9月にも東京証券取引所に再上場し、
時価総額は3500億~4000億円規模になるとの見方もある。


すかいらーくは、業績の不振が続いたことから、
株価にとらわれずに経営の改革を進めるため、
平成18年に当時の経営陣が
会社の株式を買収する手法で株式を非公開にし、
11年から米投資会社ベインキャピタル傘下で経営改革を進めてきた。


すかいらーくは「ガスト」や「バーミヤン」など
全国でおよそ3000店舗を運営しており、
外食の上場企業では日本マクドナルドホールディングス(約3500億円)を
抜き首位になる可能性もある。